金田一洋次郎のIRチャンネル~ズバット分析!注目企業

証券アナリスト金田一洋次郎(株式会社KCR総研代表取締役)がアナリストレポートのラインナップから選んだ注目企業のトップにインタビュー、投資家が知りたいポイントをズバッと分析します。
アナリストレポート+動画レポートで分かりやすく企業の今をお伝えする「IRチャンネル」をお楽しみください!

7月8日放送【株式会社ダイキアクシス 大亀社長】直撃インタビュー

YouTube
yahoo
アメーバブログ
REUTERS<激|ート配信中
 

動画をダウンロードされる場合はボタンをクリックして下さい。

(株)ダイキアクシス(4245 東証1部)
代表取締役社長 大亀 裕 氏

配信日 2019-07-08

金田一洋次郎のまとめ

【金田一洋次郎の直撃インタビュー】
証券コード4245、東証1部上場 株式会社ダイキアクシス 
代表取締役社長 大亀 裕 氏(おおがめ ひろし) さん

◯ダイキアクシスは、コーポレートスローガンに「PROTECT×CHANGE (環境を守る。未来を変える。)を掲げESG経営を推進している。「水」事業を軸とした社会インフラを構築する「環境創造開発型企業」 を目指している。

〇同社は、四国地盤のHC大手であるダイキからのMBOによって誕生した。ダイキは、現在HC最大手のDCMホールディングスへと統合進化。ダイキアクシスの大亀社長は、DCMホールディングスの取締役も務めており、強いシナジー効果を発揮している。

〇セグメントは、環境機器関連事業と住宅機器関連事業、再生可能エネルギー 関連事業に大別される。再生可能エネルギー関連事業のうち小形風力発電機関連事業を子会社で実施している。

〇海外展開は、成長戦略の要。海外の水関連のインフラ構築に注力しており、中国に3拠点(販売2拠点、製造合弁1拠点)、インドネシア3拠点(製造1拠点・販売2拠点)、インド1拠点(製造)、シンガポール1拠点(統括)を展開している。特にインドは、巨大な潜在需要が見込まれる要注目の市場である。

〇中期経営計画業績目標は、2021年12月期に売上高400億円、経常利益18億円、当期純利益11億円を目指す。ROEは、13.2%以上、ROICは、5.5%以上を計画している。ストックビ ジネスの拡大を掲げ利益率の向上に努める方針である。

〇株主還元は、配当性向30%を目途に積極的に実施する方針である。100株以上の株主にオリジナルクオカード1000円分を提供している。

◯KCR 総研では、投資判断を、+2(Buy★★★★)とし買いを推奨(1 年以内に+10%~のアウトパフォームが予想される銘柄)と発表する。目標株価を1,535 円とする。

レポートダウンロード

 
ページトップに戻る