金田一洋次郎のIRチャンネル~ズバット分析!注目企業

証券アナリスト金田一洋次郎(株式会社KCR総研代表取締役)がアナリストレポートのラインナップから選んだ注目企業のトップにインタビュー、投資家が知りたいポイントをズバッと分析します。
アナリストレポート+動画レポートで分かりやすく企業の今をお伝えする「IRチャンネル」をお楽しみください!

12月17日放送【ウィン・インターナショナル】

YouTube
yahoo
アメーバブログ
REUTERS<激|ート配信中
 

動画をダウンロードされる場合はボタンをクリックして下さい。

(株)ウイン・インターナショナル(2744 ジャスダック)
代表取締役社長 秋沢 英海 氏

配信日 2012-12-17

金田一洋次郎のまとめ

○ウイン・インターナショナルは低侵襲最新医療システムを提供する総合医療商社である。
 低侵襲すなわち検査や治療において身体的負担が少なくすることで患者のQOLを向上
 させることを目指している。

○国民医療費は年々、増大を続け社会的問題となっている。低侵襲医療は、国民医療費の
増大を抑え、病院経営を合理化する効果も併せ持っている。

○第2Qは、売上高は前年同期比1%減、経常利益では13.6%減益となった。今期は、償還
 価格改定の年であり、減益幅は想定の範囲内。価格交渉が進んでおり、下期から来期にか
 けて大きく挽回できる見込みである。

○東北トップクラスの医療機器商社テスコ社と統合し共同持株会社としてウイン・パートナーズ株式会社を設立する。M&Aの環境が整ってきたと考えており今後、一層注力してゆく構えである。


○来期は統合効果も大きく、今期の価格交渉が大きく進展する期と想定される。KCR総研の総合
判断レーティングは+2であり、買いを推奨、当面の目標株価を823円とする。

レポートダウンロード

 
ページトップに戻る