金田一洋次郎のIRチャンネル~ズバット分析!注目企業

証券アナリスト金田一洋次郎(株式会社KCR総研代表取締役)がアナリストレポートのラインナップから選んだ注目企業のトップにインタビュー、投資家が知りたいポイントをズバッと分析します。
アナリストレポート+動画レポートで分かりやすく企業の今をお伝えする「IRチャンネル」をお楽しみください!

9月18日放送 【株式会社スクロール】

YouTube
yahoo
アメーバブログ
REUTERS<激|ート配信中
 

動画をダウンロードされる場合はボタンをクリックして下さい。

(株)スクロール(8005 東証1部)
代表取締役会長 堀田 守

配信日 2015-09-18

金田一洋次郎のまとめ

〇株式会社スクロールは、F3層を主力としたダイレクトマーケティング企業である。F3層とは、50歳以上の女性のことであり、成長戦略に「シニア事業」「健粧品事業」「インターネット事業」を据えて注力している。

〇全国生協販売ルートに安定的基盤を持っている。BtoBだけでなくBtoBtoCを得意としており、他の通販企業にはない独特の特長を有している。

〇BtoBのソリューション事業も強みの一つ。自社が有する一気通貫のシステムソリューションでダイレクト販売を望む企業の越境サポート、オムニチャネル化を積極的に支援している。

〇M&Aした子会社豆腐の盛田屋オリジナル商品「豆乳よーぐるとぱっく玉の輿」がインバウンド需要もあり絶好調で業績を牽引している。同商材は売上高100億円を目指すほか、メーカーとしての機能も有していることに注目したい。

〇若手抜擢で後継指名として鶴見氏が取締役社長に就任。堀田会長とともに積極運営を実施する。設備投資は一巡しており、積極投資回収を図ることから堅調な業績が予想される。

〇安定配当と同時に配当性向30%を目処として株主還元を積極化する。長期保有株主には優待券を追加提供する。

〇現状株価は大幅に割安といえる。KCR総研では、総合判断レーティング+2(BUY)とし、当面の目標株価を610円に設定する。

レポートダウンロード

 
ページトップに戻る